2014年01月22日

ハネウェルが日本の製造会社と協力して、環境に望ましい新規自動車用冷媒の供給を増加

旭硝子がハネウェルのためにHFO-1234yf を製造し、冷媒の増加する需要に対応

ニュージャージー州モリスタウンシップ-ハネウェルは本日、HFO-1234yf の製造量を増加させるため、旭硝子株式会社との供給契約を締結したと発表しました。HFO-1234yf は自動車用の新冷媒であり、地球温暖化係数(GWP)が1 未満です。このGWP 値は現在使用されている自動車用冷媒であるHFC-134a のGWP 値よりも99.9%低く、また二酸化炭素よりも低い値です。

旭硝子がHFO-1234yf を日本で製造し、ハネウェルが米国、欧州、アジアの顧客へ販売をする計画です。この契約により2015 年半ばに旭硝子の製造での製造が開始されることとなります。

「旭硝子とハネウェルとの供給契約は、HFO-1234yf の差し迫った需要に対応する助力となります。温室効果ガスに対する懸念や、法規への適合の必要性のためHFO-1234yf の需要は着実に増加しています。我々は顧客とともに、中長期の需要予測を行い、米国ルイジアナ州ガイスマーに建設される新規大型製造プラントにて対応することとなります。米国と日本の双方に製造拠点を持つことによって自動車メーカー様へのサプライチェーンの信頼性と供給安定性を提供いたします。」とハネウェルフッ素化学品事業部の上級副社長のケン・ガイヤーは述べています。

先月の初めハネウェルは、自身と原料供給者とで約3 億ドルの投資を行い、ハネウェルの既存設備のあるガイズマー工場に新たなHFO-1234yf の製造設備を建設し、供給能力を増大する計画を発表しました。このプラントは新しいプロセス技術を採用し、2016 年に万全な稼働体制になることが予定されています。プラントの製造能力については、ハネウェルが現在主要顧客と取り交わす契約により決定されます。

HFO-1234yf は、欧州のカーエアコン指令に適合するために、自動車メーカーにより採用されています。欧州のカーエアコン指令は、乗用車と小型商業車のカーエアコンからの温室効果ガス排出を削減するための画期的な法令です。この指令では2013 年1 月から欧州で販売される新型式車のカーエアコン冷媒について、そのGWP(地球温暖化係数)が150 未満であることを求めています。

GWP(地球温暖化係数)とは、大気において温室効果ガスがどれだけ熱を補足するのかを、二酸化炭素(CO2)についてGWP を1 とした場合の比較で示す相対的な指標です。 HFO-1234yf のGWP は1 未満であり、CO2 の環境負荷と比較しても低くなっています(下記の温室効果についての表を御参照ください。)。

欧州で2017 年以降に販売される自動車はすべて、新たなGWP 値の要求事項である 150 未満を満たさなければなりません。HFO-1234yf はGWP が1 未満であり、この要求事項に適合するばかりでなく、さらに、この新たな厳しい法規の要求事項よりも99%以上も GWP を削減します。

米国の自動車メーカーもHFO-1234yf を採用していますが、これは自動車と小型のトラックからの燃費改善と温室効果ガス排出削減を目的としたCAFE (企業平均燃費基準)および自動車温室効果ガス基準への適合のためです。HFO-1234yf は非常に低い環境負荷を示すため(HFO-1234yf のGWP<1。一方、現行冷媒のHFC-134a はGWP=1,300 )、米国環境保護局(EPA)はHFO-1234yf を採用することによって自動車メーカーがクレジットを得ることを認めています。

HFO-1234yf が安全に採用された自動車は、現在、約50 万台近くが路上を走っており、 2014 年の末までにはその数が2 百万台に上るとみられています。第三者機関のデータは、 HFO-1234yf が世界的に採用された場合、世界中にある3000 万台の自動車、あるいは全世界の3 パーセントに相当する自動車から排出される温室効果ガスを削減するのと同等の効果があると示しています。 HFO-1234yf は世界の全地域のカーエアコン冷媒として優れた効率を示すことが証明されています。ハネウェルは世界的規模で存在する顧客へのサポートのため、世界規模での基盤を今後も継続して発展させていきます。 HFO-1234yf についての情報については、www.1234facts.com を御参照ください。

HFO-1234yf とHFC-134a, CO2 との温室効ガス排出インパクトの比較

冷媒 大気寿命 地球温暖化係数 燃費(With HFC-134a との比較)
HFO-1234yf 10.5 日 <1 (1 未満) 同等
HFC-134a 13.4 年 1,300 同等
CO2 5 から200 年 1 悪化
CO2 を冷媒として採用することによ
り、欧州のみで30 億リットルの燃料の
増加、および、40 億ユーロのドライバ
ー負担コストの増加)

 

ハネウェルパフォーマンス・マテリアルズ・アンド・テクノロジーズは最先端素材およびプロセス技術の開発と製造分野における世界的なリーダーです。その素材や技術は石油精製から環境にやさしい冷媒、さらに防弾ベストに至るまで、幅広い分野の産業や業務において毎日のように大勢の人々に用いられています。当社の最先端素材はナイロンからコンピュータチップ、医薬品包装まで様々な製品の製造に欠かせません。さらに当社のUOPビジネスが開発したプロセス技術は、世界中のほとんどの精製業者がガソリン、ディーゼル、ジェット燃料、石油化学製品を効率的に生産するための基礎を築いてきました。現在UOPは再生可能なエネルギー源から燃料を生産する技術を開発中です。

ハネウェルインターナショナル(www.honeywell.com )は、フォーチュン(Fortune)100社にノミネートされた、テクノロジーおよび製造分野におけるトップレベルの複合企業であり、航空宇宙分野の製品およびサービス、ビル/住宅/産業用の制御テクノロジー、ターボチャージャー、パフォーマンスマテリアルズなどを世界中のお客様に提供しています。米ニュージャージー州モリスタウンシップに拠点を置くハネウェルの株式は、ニューヨーク、ロンドン、およびシカゴ証券取引所で取り引きされています。ハネウェルのニュース・詳しい情報は、 www.honeywellnow.com をご覧ください。

本プレスリリースには、1934年米国証券取引法第21E項が意味するところの「将来の見通しに関する記述」が含まれています。当社または当社の経営管理者が将来の発生または発生する可能性を意図、予想、予測、確信、または期待する活動、事象、または発展について述べた、過去の事実以外の記述はすべて、将来の見通しに関する記述です。これらの記述は、過去の経験と傾向、現在の経済状況、期待される将来の発展とその他の関連要因を考慮した経営管理者の仮定および予想に基づくものです。本リリースに含まれる将来の見通しに関する記述は、当社の経営、製品、サービス、および価格に影響する経済、競争、政府、および技術的要因を含む(がこれに限定しない)リスクや不確実性にも左右されるものであり、このような将来の見通しに関する記述は、将来の業績、実際の結果、発展業務遂行上の決定を保証するものではなく、当社の将来の見通しに関する記述によって予想された内容とは異なる場合があります。当社業績に影響を与える主要なリスクや不確実性については、当社Form 10-Kおよび米国証券取引委員会提出文書に記載しています。

# # #

Contacts:

U.S.

Nina Krauss
+1 973-455-4253
nina.krauss@honeywell.com

 

日本

瀧瀬 勝之
81-80-5479-3365
katsuyuki.takise@honeywell.com

 

Asia-Pacific

Julia Zhu
+86 21 2894 5054
julia.zhu1@honeywell.com